mineoに乗り換えたら月々の使用料が6000円もお得に!

ここ何年かで格安スマホというものが増えてきましたね。
その格安スマホですが、一体何が格安なんだと思いますか?
実はこれ、月々の使用料格安なんです。
格安スマホというのは格安SIMもしくは格安SIMと端末のセットのことを指しています。
今回は格安SIMの1つであるmineo(マイネオ)についてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

mineoとは

mineo(マイネオ)というのはMVNOの1つでauまたはdocomoの電波網を使用することができる格安SIMです。
mineoにはauの電波を使用するAプラン、docomoの電波を使用するDプランがあります。

引用元:mineo公式サイト(http://mineo.jp/)キャプチャ

引用元:mineo公式サイト(http://mineo.jp/)キャプチャ

MVNOが提供する格安SIMを使用することで月々の使用料を大幅に安くすることができます。

パケット通信量を3GB/月として、auとmineoの月額料金を比較してみましょう。

引用元:au公式サイト(http://www.au.kddi.com/)キャプチャ

引用元:au公式サイト(http://www.au.kddi.com/)キャプチャ



引用元:mineo公式サイト料金プランキャプチャ

引用元:mineo公式サイト(http://mineo.jp/)キャプチャ

auだと月額6696円のところ、mineoだと月々1510円と約5000円も安くすることができるのです。
料金プランを見直せば最大で約6000円も節約することができます。
年間で考えると72000円もお得に。

実際にmineoに切り替えた人の8割近くが安くなったというアンケート結果も存在します。

格安SIMって通信がすごく遅いイメージだけど…

格安SIMというのはauやdocomoなどのキャリア通信と比べると少々質の悪いものになっています。
そのため、常に快適な通信を求めている人には格安SIMはあまりおすすめできません。
格安SIMは「快適ではないけどストレスをあまり感じずに通信できればいい」という人向けです。
実際、通常のネット閲覧はストレスなく行えます。
ソシャゲはできないこともないですが、通信量をすぐに使い切ってしまう恐れがあるのでおすすめしません。

実際にmineoに切り替えた人の7割近くがmineoに切り替える前と同等もしくは品質が良くなったと回答しています。
品質が悪くなったと回答している人は、他社の格安SIMやガラケーからの切り替えが多いようです。

速度って実際のところどうなの?

どこにでも書いてありそうなことを書き連ねていてもあれなので実際に使ってみました。
mineo_ast21
使用する端末はau版のASUS MeMO Pad 8 AST21です。
契約したSIMサイズはnano SIMとなっていますが、AST21で使用するためにSIMの変換アダプタを使用しています。

計測で使用するツールはSpeedtest.netです

計測対象の時間は9時/12時/15時/18時/21時、計測場所は埼玉県川口市川口駅近辺です。

ping(ms) down(Mbps) up(Mbps)
9時 58 4.72 0.59
12時 54 8.33 1.21
15時 61 8.92 0.71
18時 72 13.21 5.84
21時 71 12.84 6.84

朝の9時は少々遅い感じがしましたが、メールの送受信やインターネットでの調べもの程度なら問題なく行える速度です。
夕方の18時以降はキャリアの通信とあまり変わらず、快適に通信が行えました。

格安SIMで注意しなければならないこと

格安SIMを使用した場合、キャリアのサービスは使用できなくなります。
一番わかりやすいところで言うとキャリアメールですね(ezweb.ne.jpとか)。
auやdocomoの電波を使用しているとはいえ、キャリアと契約しているわけではないので使用できないのは当然といえば当然ですよね。
現在キャリアメールを使用している人が格安SIMに乗り換えた場合、GmailなどのPCメールに切り替える必要があります。

また、LINEの年齢認証もできなくなります。
LINEの年齢認証はキャリア契約を参照して生年月日で認証しているからです。
ただし、キャリア契約と格安SIMの2台持ちをしている人は電波網が同じなら認証できます。

LINE年齢認証可否
キャリア契約 格安SIMの電波網 年齢認証可否
docomo docomo
au au
docomo au ×
au docomo ×

まとめ

格安SIMを使用するうえでのメリットとデメリットをまとめました。

メリット

  • 月々の使用料が大幅に安くなる

デメリット

  • キャリア特有のサービスが使えなくなる
  • LINEの年齢認証をするのに条件がある
  • 通信速度が遅くなる(かもしれない)

デメリットの方が多いですが、月々の使用料が安くなるならと思えばそれほど気になりません。
実際に私はガラケーと格安SIMで2台持ちしてますが合わせても月額2500円程度です。
普通にキャリア契約でスマートフォンを持つと7000円くらいするところを4500円も安く運用しています。

月々の料金を安くしたい人はmineoに乗り換えてみてはどうでしょう?
mineoならauとdocomoでプランを選べるので、SoftBank以外の人なら月々の使用料をぐんと安くできますよ。