LenovoのIdeaPad Flex 10を買ってChromium OSを入れた

Chromebook Flip C100PAが壊れて鞄に忍ばせておく用のパソコンがなかったので、なんか安かったLenovoのIdeaPad Flex 10を買いました。
OSなしで19800円だったのですが、SSD250GBに換装済みとのことだったので、いろいろと手間が省けるなと。

スポンサーリンク

換装したSSDを見てみたら普通にお買い得だった

とりあえずBoot Menuを起動してみたら、Boot Driveに「Samsung SSD 750 EVO 250GB」と表示されていました。

これはAmazonだと約10000円で購入できるSSDです。(2017/07/30時点)


SSDの価格を考慮すると、パソコン本体を9800円で購入したことになります。
うん、結構安い。

Chromium OSを入れてChromebook化

Chromebook Flipの代わりにするつもりだったため、早速Chromium OSをインストールしました。
今回インストールしたChromium OSは「CloudReady」です。
インストール用USBメモリの作り方は、ダウンロードしたZIPファイルをChromeアプリの「Chromebook リカバリ ユーティリティ」で焼くだけです。
焼いたらUSBメモリからBootするだけなのですが、BIOSでBoot Modeを「Legacy Support」、Boot priorityを「Legacy First」にしておかないとインストール後の起動時に「efi hard drive has been blocked」みたいなメッセージが表示されて起動できないので注意です。

で、なんやかんやで無事にインストール完了。

Chromebook Flip C100PAと比較

代替機として購入したので、簡単にスペックを比較してみます。

  C100PA Flex 10
CPU Rockchip RK3288C/1.8GHz/4コア Celeron N2810/2.0GHz/2コア
メモリー LPDDR3-1066 2GB DDR3-1066 2GB
ストレージ 16GB 250GB
解像度 1280×800 1366×768
重さ 約0.89kg 約1.2kg
Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac 802.11 b/g/n
Bluetooth 4.0 4.0
その他 USB 2.0×2、microHDMI、MicroSD USB2.0×1、USB3.0×1、HDMI×1

絶妙にグレードダウンしてる感じが否めないですねぇ…。
Flex 10がC100PAと比べて300gほど重いというのが少しネックです。
この重さだったら外出時の開発作業で使用している東芝のR631の方が軽いです。

TOSHIBA Ultrabook dynabook R631/Eの中古品が破格だったので購入した
秋葉原のパソコン関連の中古品を扱ってるショップを見て回っていたらTOSHIBA Ultrabook dynabook R631/EのOSなし...
dynabook R631/Eのメモリを10GBに増設した
以前購入した破格のUltrabook dynabook R631/E(以降R631)のメモリを4GBから10GBに増設しました。 メモ...
dynabook R631/EのSSDを512GBに換装してWindows10をクリーンインストールした
出先で作業をする際、Windows環境の方がいろいろと都合がいいのでdynabook R631/EにWindows10をクリーンインストール...

まぁそれでも10.1インチという大きさが大切で、小さい方が気軽に持ち運べます。

あとこれはChromium OSだからかもしれませんが、画面の解像度で「1707×960」が選択できます。

あまり見慣れない解像度ですが、1366×768だと狭いと感じてたのでこれは地味に嬉しいです(たとえ少し文字が滲んでいようとも)

最後に

本当はChromium OSのカスタムビルドを使おうと思ったのですが、Bluetoothが使用できなかったのでCloudReadyを使用しました。
CloudReadyだとBluetoothが使用できたので、ビルド時に搭載するドライバーなどで変わるのでしょう。
C100PAと比べて重量的に重くなり、起動も少し遅くなりましたが、表示可能な解像度を考慮すると作業効率が確実に上がるのでFlex 10は代替機として必要充分だと考えられます。