ノリと勢いでHUAWEI P9を買った

ノリと勢いでHUAWEI P9を買ったので開封の儀と使用した感想などのレビューを書いてみます。

スポンサーリンク

HUAWEI P9開封の儀

とてもシンプルな外箱で、なんか高級感があります。
1573_huawei-p9_01

開けるとこんな感じ。
1573_huawei-p9_02

チタニウムグレーを購入したため、表面はブラックです。カッコ(*゚∀゚)ィィ!
1573_huawei-p9_03

ライカ監修デュアルレンズ。凹凸なく搭載されてるのがとてもいいですね。
1573_huawei-p9_04

そして付属品。この至れり尽くせり感がヤバいです。
USBケーブル(A to C)とACアダプタの他にUSB変換アダプタ(micro-B to C)と透明ケース、保護フィルムにリモコン付きイヤホンまで付いてきます。
1573_huawei-p9_05

保護フィルムを貼ろう

まさか保護フィルムまで付いてくるとは思ってもいなかったのでAmazonでガラスフィルムを買っちゃいました。
【2枚入り】Icheckey Huawei P9 ガラスフィルム 全面 保護 フィルム 保護シート 日本旭硝子ガラス素材 24ヶ月保証 高硬度9H 耐衝撃 指紋防止 気泡ゼロ スクラッチ防止 2.5D フルカバー 超薄型 0.33mm ブラック
1573_huawei-p9_06
1573_huawei-p9_07
セール価格で1000円以下となっていたのと2枚入りというところに惹かれてこれにしました。
ガラスフィルム貼り付け後はこんな感じです。
1573_huawei-p9_08
1573_huawei-p9_09
端末の液晶自体がラウンド加工されていますが、この保護フィルムを貼った状態でもそこまで違和感はありません。
スワイプ操作なども快適です。
ただこのガラスフィルムは液晶部以外の部分が色付きということもあり、貼るのに少々苦戦しました。
ちょっと探してみたら同商品のクリアバージョンがあったので、そっちにしておけば良かったとほんの少し後悔(笑)

使ってみての感想

流石Huaweiのフラグシップ機といった感じです。
HUAWEI P9の最大の特徴はライカ監修のデュアルレンズですが、それ以外のところも普通にすごい。
CPUがKirinのため3Dの描画が弱いのが唯一の欠点で、それ以外は本当に隙がないです。

一番驚いたのは通信速度。
HUAWEI P9はキャリアアグリゲーション(CA)に対応しており、ベストエフォートで下り最大262.5Mbpsの通信が可能となっています。
CAの設備が整っている場所で通信を行うと格安SIMでも40Mbps超えの速度を叩き出します。
今回使用したSIMはIIJmio(タイプD)で、40Mbpsをたたき出した場所は新宿駅近辺でした。
1573_huawei-p9_10

IIJmio(タイプD)は下り最大375Mbpsの設備があるため、HUAWEI P9と相性がとてもいい気がします。
1573_huawei-p9_11

IIJmioモバイルサービス

HUAWEI P9はRAW形式で写真が撮れるので気が向いたらカメラの方もいろいろ試してみようと思います。

今回は本当にいい買い物をした(*´▽`)