UMIDIGI F1 Playを数ヵ月使ってみたので使用感や不満点などを書いてみる

安さとスペックに惹かれて、ノリと勢いで購入した「UMIDIGI F1 Play」を使い始めて結構経ったので使用感などを書いてみます。

スポンサーリンク

スペック

OS Android 9
CPU Helio P60オクタコア
ROM 64GB
RAM 6GB
ディスプレイ 6.3型
解像度 2340×1080/FHD+(19.5:9)
アウトカメラ 4800万画素+800万画素
インカメラ 1600万画素
ネットワーク Bluetooth 4.2、IEEE802.11 a/b/g/n
対応バンド 2G:GSM B2 / B3 / B5 / B8
3G:WCDMA B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
CDMA BC0 / BC1
TD-SCDMA B34 / B39
4G:FDD-LTE B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B12/B13 / B17 / B18 / B19 / B20 / B25 / B26 / B28A / B28B
TDD-LTE B34/ B38 / B39 / B40 / B41

ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルの回線に対応(技適表示有り)

バッテリー 5150mAh
重量 193g

UMIDIGI F1 Playの不満点

いきなり不満点を書くの?って思われるかもしれませんが、いきなり書きます。

IME入力時の感度が悪い

IMEの設定で感度調整しろよって言われそうですが、そのレベルの話じゃないんですよね。
私は普段フリック入力をしてるのですが、フリックの開始タイミングがワンテンポ遅い感じがします。
スマートフォンのフリック操作は「タッチ」「移動」「終了」の順番でイベントが発生します。
この「タッチ」イベントが発生するタイミングが画面をタッチしたタイミングより少し遅いんですよね。
遅いだけならまだいいんですが、「タッチ」イベントが発生したタイミングのタッチ位置で処理が行われるため、フリック入力だと誤入力が多発します。
こればかりはもうフリック入力をやめるしか対応方法がなさそう…。

ゴーストタッチが発生する

どういった条件で発生するかわからないですが、一日に何回かはゴーストタッチが発生します。
一度画面をオフにして再度表示すれば改善するのでそこまで実害はないですが、Twitterとかしてたら勝手にいいね押してたり、勝手にフォロー押してたりして人間関係が壊れそう()

物理的に重い

いやまぁバッテリーの容量を考えたら重いのは仕方ないんですが、それでもやっぱり重いです。

UMIDIGI F1 Playの良いところ

なんといってもコスパの高さ

ROMが64GB、RAMが6GBという普段使いには十分すぎるスペックで2万円程度で購入できます。
技適マークの表示もあるので、日本国内での使用も問題なし。

大容量バッテリー

フル充電しておけば一日のうちにTwitterやらネットサーフィンやらをそれなりにやっていても2~3日は余裕で保ちます。
スマホ充電のためにモバイルバッテリーを持ち歩く必要がないと考えれば端末の重さは目を瞑れるはず…!

pure Android搭載

他のメーカーは独自にカスタマイズしたOSを入れてるところが多いですが、UMIDIGI F1 Playは何もいじられていないピュアなAndroidが入っているのでとても使いやすいです(個人的に)

最後に

価格帯を考えたらUMIDIGI F1 Playとても良い端末だと思います。
たまに発生するゴーストタッチも慣れてくれば「あー、はいはい」って感じで対応できます(笑)
UMIDIGIは安価な端末を結構出してるので、興味がある人はAmazonで調べてみてください。

Amazonの検索結果>>UMIDIGI

まぁ、大容量バッテリー搭載の端末を探しているならモトローラやASUSも出してるので、わざわざ冒険してUMIDIGI端末にする必要はないです(^^;