Mpow Jaws Bluetooth4.1イヤホンの商品レビュー

AmazonでBluetooth4.1接続のイヤホンMpow Jawsを購入しました。
1週間ほど使用してみたので、ちょっとレビューを書いてみようと思います。

スポンサーリンク

基本スペック

Bluetooth規格 Bluetooth 4.1
プロファイル A2DP/AVRCP/HSP/HFP
ノイズ低減 CVC6.0
有効範囲 10m(障害物無し)
通信/音楽再生時間 約13時間
待機時間 約350時間
充電時間 約3時間

パッケージ内容

MpowJaws01
パッケージの中身は本体、イヤピース(大・小)、取扱説明書(英語)、充電用MicroUSBケーブルです。
中サイズのイヤピースは本体に最初から付いています。

各種レビュー

外見

評価

右側
MpowJaws02
右側には電源(ON/OFFスライド式)、音量調整(+/-ボタン)、充電用MicroUSB端子があります。

左側
MpowJaws03
左側には曲送りと曲戻し、再生/停止のボタンがあります。

イヤホン(形状)
MpowJaws04
MpowJaws05
ステムは装着時に前方寄りになる設計です。
耳穴の形次第でフィット感に大きく影響しますね。

操作ボタンが存在する箇所は結構大きめです。
手の親指程度の大きさがあり、少々ごつい感じがします。
男性には特に違和感ないかもしれませんが、女性の場合は少し目立ってしまうかもしれません。
艶消しメタリック調の塗装がいい感じ。

操作性

評価

ボタンの配置を覚える必要がありますが、操作感はとても良いです。
覚えると言っても音量調整と曲戻し/曲送りの向き程度なので、特に問題ないです。
電源もスライド式のため簡単にON/OFFが切り替えられます。
電源入れたときに振動するのが個人的にちょっと気持ち悪かったです(笑)
あと、着信時に振動してくれるらしい。

音質

評価

Bluetooth接続という仕様上、音質は有線のイヤホンと比べると当然良くないです。
ただ、あからさまに音質が悪いということもありません。
聴いていて低音が少し強いかなって感じでした。
まぁ音質にこだわりたいならおとなしく有線イヤホンを使った方がいいですね。

バッテリー

評価

半日以上使用していてもバッテリーがなくなることはなかったです。
これがBluetooth4.1の実力ということですね。
Bluetooth接続のイヤホンはバッテリー容量自体がそこまで多くないため、省電力で運用できるのは助かります。

総評

評価

Bluetooth接続のイヤホンとしてはとても良い商品だと思います。
音質は以前使用していたBackBeat GO2の方が良かったのですが、バッテリーがすぐになくなってしまうので使わなくなってしまいました。
その点Mpow Jawsは半日以上使用していてもバッテリーがなくなることがなかったので、とても満足しています。
夏場はMpow Jawsで、冬場はT2S Turbine 2の運用でしばらく安定かな。

もしBluetooth4.1接続のイヤホンを探してるのでしたら、Mpow Jawsを検討してみるのもいいと思います。