FireAlpacaでテキストにアウトラインをつける方法

FireAlpacaでテキストにアウトラインを付与するのが地味に面倒だったので備忘録として残しておきます。

スポンサーリンク

概要

FireAlpacaにはテキストに直接アウトラインを付与するツールが存在しません。
そのため、FireAlpacaでアウトラインを実現するにはテキストを画像として扱い、疑似的にアウトラインを実現することになります。

手順

1.まずはテキストツールでテキストを入力。
FireAlpaca_OutLine01
(LethargyProjectとは私が個人でアプリ等を開発する際に使用している名前です)

2.テキストレイヤー以外を選択し、自動選択ツールでテキスト部分以外を選択(選択できなかったところはShift+クリックで追加選択)
FireAlpaca_OutLine02

3.選択範囲→反転
FireAlpaca_OutLine03

4.選択範囲→拡張(今回は2ピクセル拡張した)
FireAlpaca_OutLine04

5.テキストレイヤーを非表示に設定
FireAlpaca_OutLine05

6.バケツツールで選択範囲を塗りつぶし
FireAlpaca_OutLine06

7.テキストレイヤーを表示に設定
FireAlpaca_OutLine07

これであとは透過PNGで保存すれば完了です。
あくまでもアウトラインに見えるように画像を作成しているだけなので、フォントサイズなどを変更したらその都度対応する必要があります。