M570tがチャタリングするようになったのでスイッチを交換した


愛用しているM570tの右クリックがチャタリングしてたのでスイッチを交換することにしました。
過去に左クリックのスイッチを交換したことがあるので、その時と同じようにサクッと交換。

スポンサーリンク

作業に必要なもの

  • ヘクスローブドライバー(T6)
  • プラスドライバー
  • 交換用スイッチ
  • 半田
  • 半田ごて
  • 失敗しても泣かない心

解体、そして交換

サクッと解体しましょう。
ネジの場所は写真の赤丸の5ヵ所です。ゴム足やシールは気にせず剥がしました。

ここのネジを外すにはヘクスローブドライバーのT6が必要です。
持ってない人はホームセンター等で買うか、裏技で1.4mmのマイナスドライバーを使用しましょう。

外すとこんな感じになります。

次はプラスドライバーで基盤を外します。ネジは4ヵ所です。

今回交換するのは右クリックなので、裏返して半田を溶かして古いスイッチを外します。
溶かす箇所は赤丸の中の3ヵ所です。

半田作業に慣れてる人はこの辺はサクッと終わらせるところだと思いますが、私は久々の半田のため地味に苦戦。
溶かした半田が思うように除去できず、最終的には力技で無理矢理外しました。
で、これが旧スイッチの残骸(笑)

今回のためにダイソーで半田吸取りポンプを仕入れたのに…。

もともと付いてる半田の量が少ないから吸取りポンプがほとんど役に立ちませんでした。
こんなことならAmazonで吸取り線買った方が良かったわ!!

気を取り直して新しいスイッチを取り付けます。
使用するスイッチはオムロンのD2F-01Fです。

秋葉原で探すが、Amazon等で仕入れましょう。

向きを間違えないように半田付けします。

交換が完了したら元通りに組み立てて終了です。
いろいろと問題がなければ快適な操作感を取り戻すことができます。

もし動作しなかったら大人しく新品のM570tを購入しましょう。