数あるレンタルサーバーの中からさくらインターネットを選んだ理由

当サイトはさくらインターネットのレンタルサーバーを使用して稼働しています。
(2016/06/16現在)

今回は数あるレンタルサーバーの中で、なぜ、さくらインターネットのレンタルサーバーを選んだのかをお話ししようかと思います。

スポンサーリンク

レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーは用途に合わせて選ぶ必要があります。

例えば

  • ちょっとしたWebページを公開したいけど、画像とかはそこまで使わない。
  • ブログサービスを開始したい。画像ファイルもたくさん使いたい。
  • Webサービスを公開して一儲けしたい

などなど、人によって用途は様々だと思います。

画像ファイルをたくさん使いたいなら当然それ相応にディスク容量が大きい必要がありますし、Webサービスを公開したいならPHPやMySQL、人によってはJavaのインストールができるレンタルサーバーである必要があります。

また、たくさんの画像の使用やWebサービスの公開を考えている人は一日の転送量というものも気にする必要があります。
一日の転送量というのは、借りているサーバーが一日に転送できる許容量のことを指しています。
この許容量が少ないと503エラーが多発し、本来得られるはずのPV数が得られなくなります。
アフィリエイトを使用したサイトを作成する場合は特に注意が必要となります。

レンタルサーバー比較

私が今回レンタルサーバーを借りるにあたり、以下の条件に合ったものを探しました。

  • 月額料金が1000円以下
  • 一日の転送量がそこそこ多い
  • ディスク容量が100GBくらい
  • 比較的有名なレンタルサーバー
  • WordPressの使用が可能

この条件で探すと、以下のようなレンタルサーバーが候補に挙がります。

  • さくらインターネット(スタンダード)
  • エックスサーバー(X10)
  • お名前.comレンタルサーバー(SD-11)
  • ロリポップ(スタンダード)

などなど

とりあえず、上記であげた4社のレンタルサーバーを比較してみましょう。

月額料金 ディスク容量 ドメイン数 MySQL数 転送量(日)
さくらインターネット 515円(税込) 100GB 20個 20個 80GB
エックスサーバー 1000円(税別) 200GB 無制限 50個 50GB
お名前.comレンタルサーバー 900円(税別) 200GB 無制限 50個 非公開
ロリポップ 500円(税別) 120GB 100個 30個 100GB

どこも似たような感じです。

ディスク容量を重視するならエックスサーバーかお名前.comレンタルサーバー、価格を重視するならさくらインターネットかロリポップといったところでしょうか。

レンタルサーバーの決定

4社を比較してみたところ、私的にはさくらインターネットが一番ニーズに合ってる気がします。

全4社の中で最安値で、転送量もそこそこある。ディスク容量は100GBと条件を満たしてます。
正直なところ、ロリポップと迷いました。
決定打になったのはさくらインターネットの12ヵ月分一括払い(5142円)ですね。
515円×12ヵ月=6180円のところ、5142円ですよ。
1038円もお得になるなら選ぶしかないじゃないですか(笑)

結局のところ、そこそこのスペックで一番安いところに落ち着くわけです。

そんな感じでさくらインターネットを選びました。
もしこれからレンタルサーバーを借りようと思っていて、私と同じような用途の方はさくらインターネットのスタンダードプランがおすすめですよ。