Hulu vs U-NEXT vs dTV・dアニメストア 動画配信サービス3社を徹底比較

動画配信サービスっていろいろあって、どれを使ったらいいか悩みますよね。
今回は以下の3社が運営する動画配信サービスを様々な角度から比較してみようと思います。

HJホールディングス合同会社 Hulu
株式会社U-NEXT U-NEXT
NTTドコモ dTV
dアニメストア
スポンサーリンク

料金・基本サービスを比較

Hulu U-NEXT dTV dアニメストア
月額料金 933円(税別) 1990円(税別) 500円(税別) 400円(税別)
トライアル期間 14日間 31日間 7日間
31日間
(キャンペーン中)
7日間
31日間
(キャンペーン中)
配信ジャンル ドラマ
アニメ
コメディ
アクション
ホラー・サスペンス
キッズ
バラエティ
SF
リアリティーショー
ドキュメンタリー・自然
ミュージック
その他
洋画
邦画
海外ドラマ
韓流・アジアドラマ
国内ドラマ
アニメ
キッズ
ドキュメンタリー
音楽・アイドル
バラエティ
その他
洋画
邦画
アジア映画
海外ドラマ
国内ドラマ
アジアドラマ
アニメ
音楽
BeeTV
アニメ
配信数 約3万作品 約12万作品 約12万作品 約1700作品
PPV有無 なし あり あり なし
対応デバイス テレビ
ゲーム機
PC
スマートフォン
タブレット
テレビ
ゲーム機
PC
スマートフォン
タブレット
PC
スマートフォン
タブレット
PC
スマートフォン
タブレット
画質 SD
HD
低画質
高画質
きれい
すごくきれい
HD
ふつう
きれい
すごくきれい
HD
アダルト有無 なし あり なし なし

各動画配信サービスの特徴

Hulu

Huluは他の動画配信サービスと比べて海外ドラマの配信数がとても充実しており、見放題で他のサービスよりも早く楽しむことができます。
海外ドラマのTHE FLASHやHERO Reborm、THE PATHが見放題で楽しめるのはHuluだけ。

日テレに買収されてから日本独自のコンテンツとしてアニメやお笑い、日テレ系列の作品などにも力を入れています。
月額933円で名探偵コナンが一番最初の話から見放題とかコストパフォーマンス良すぎると思うんですよね。
TSUTAYAとかでレンタルしてくること考えたら圧倒的安さです。

HuluではAKB48が出演する「CROW’S BLOOD」等のオリジナルドラマコンテンツがあるのも魅力の一つですね。
ホラー好きな私としてはCROW’S BLOODはなかなかいい感じだと思いました。
他にも劇場公開されている作品のサイドストーリー等もオリジナルドラマコンテンツとして配信されています。

他社にはないコンテンツとして、実はリアルタイム配信というものも行っています。
野球の巨人戦や有名アーティストのLive中継が配信されたりします。

Huluなら、映画、国内外のドラマ、アニメが楽しめます。

U-NEXT

U-NEXTは月額1990円と、他社とくらべて少し高いです。
しかし、毎月1000円分のポイント(有効期限45日間)が付与されるため、実質990円と言っても良いと思います。
アカウントは1契約につき4アカウントまで作成することができ、主契約を親アカウントとし、残りを子アカウントとして割り当てることが可能です。
視聴履歴については親アカウントのみがすべての履歴を見ることができるので、子アカウントは如何わしいものを見ないように気を付けましょう(笑)
(アカウントごとに年齢制限コンテンツの視聴制限を設けられます)

U-NEXTは見放題の作品の他にPPV(ペイ・パー・ビュー)での配信も行っています。
PPVではBD・DVDのレンタル開始と同時またはそれよりも早く配信されるので、最新作に対する対応の早さはおそらくU-NEXTが一番です。
月額料金の他に課金が必要となるのユーザとしてはあまり好ましくないことですが、毎月付与されるポイントで3~4本は視聴できるので、これをどう捉えるかはユーザ次第です。

他社にはない最大の特徴としてアダルトコンテンツの配信があります。
見放題の作品だけでもかなりの作品数があるため、自家発電が捗ると思いますよ(笑)

雑誌(約70誌)やコミック等の電子書籍の読み放題も行っているため、総合的に考えたら月額1990円はとても安いサービスだと言えます。

動画を見るならU-NEXT

dTV

dTVは他社と比べると圧倒的に安くコンテンツ量も多いです。
以前はdビデオというサービスでしたが、2015年4月からdTVという名称に変更されました。
元々docomoユーザ限定のサービスだったものが2014年4月から誰でも契約することが可能となったサービスです。
PCで視聴する場合、Chromeがプラグインサポート終了の都合で非対応となっているため、IE11やFireFox等のブラウザを使用する必要があります。

dTVは日本のサービスのため、海外ドラマ等の配信数はとても少ないです。
海外ドラマをメインに視聴したいと考えてるのでしたら、Huluを選ぶべきです。

dTVの最大の特徴は全ての動画でオフライン視聴に対応している点です。
オフライン視聴というのは、端末に動画をダウンロードすることで通信を利用せずに動画を視聴することができる機能です。
U-NEXTでは一部の動画がオフライン視聴に対応していますが、数は多くありません。
Huluはオフライン視聴に対応していません。
スマートフォンやタブレットで視聴する場合、通信速度と通信量の問題が出てくるのでオフライン視聴に対応しているのはユーザとしてはとてもありがたいことです。

動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題

dアニメストア

dアニメストアは配信作品をアニメに限定したサービスです。
配信されているアニメは古いアニメから最新のアニメまで、数多くの作品を配信しています。
アニメの充実度No1を謳っているU-NEXTと同等の作品数と考えても良いと思います。

dTVと同様に、docomoユーザ以外でも利用できるのも特徴です。
月額400円で昔の名作から最新のアニメまで見放題になるので、アニメのみを見る人には最高のサービスかもしれません。

欠点としては画質がそこまで良くないことですね。
「ふつう」「きれい」「すごくきれい」「HD」の4段階で用意されていますが、HDに対応している作品は一部のみです。
高画質でアニメを楽しみたいのならU-NEXTの方が断然おすすめです。

dアニメストアなら昔のアニメから最新アニメまで見放題

価格で比較

各サービスの価格は以下のようになっています。

Hulu U-NEXT dTV dアニメストア
月額料金 933円(税別) 1990円(税別) 500円(税別) 400円(税別)

U-NEXTは毎月1000円分のポイントが付与されるため、実質990円です。
それでも他の配信サービスと比べると少々高くなってしまいますね。
最も安いのはdアニメストアですが、これはアニメのみの配信となっています。

価格とコンテンツ量で選ぶとしたらdTVが一番ですね。
やはり月額500円で12万作品が楽しめるというのはとても安いです。

動画配信サービス「dTV」ならテレビ、パソコン、タブレットでも見放題

画質で比較

各サービスの画質は以下のようになっています。

Hulu U-NEXT dTV dアニメストア
画質 SD
HD
低画質
高画質
きれい
すごくきれい
HD
ふつう
きれい
すごくきれい
HD

U-NEXTの高画質は主にHD画質で、一部がフルHDに対応しています。
基本的にはどこの動画配信サービスでもHD画質(DVD画質相当)で視聴できることになります。
しかし、dアニメストアはHD画質に対応している作品が限られているため、SD画質での視聴がメインになると考えた方がいいでしょう。
5インチ未満のスマートフォンで視聴する場合はSD画質でも気にならないと思いますが、5インチ以上のスマートフォン・タブレットだと映像の荒さが気になってしまうと思います。

画質を重視して選ぶなら断然U-NEXTですね。
一部の作品のみですが、フルHDに対応しているのはとても良いです。
それ以外もHD画質で視聴できるため、画面の大きいスマートフォンでの視聴に最適です。

動画を見るならU-NEXT

配信ジャンルで比較

各サービスの配信ジャンルは以下のようになっています。

Hulu U-NEXT dTV dアニメストア
配信ジャンル ドラマ
アニメ
コメディ
アクション
ホラー・サスペンス
キッズ
バラエティ
SF
リアリティーショー
ドキュメンタリー・自然
ミュージック
その他
洋画
邦画
海外ドラマ
韓流・アジアドラマ
国内ドラマ
アニメ
キッズ
ドキュメンタリー
音楽・アイドル
バラエティ
その他
洋画
邦画
アジア映画
海外ドラマ
国内ドラマ
アジアドラマ
アニメ
音楽
BeeTV
アニメ

各社でカテゴリー分けが少々異なりますが、配信ジャンルが一番多いのはU-NEXTかHuluですかね。
Huluは海外ドラマが強く、U-NEXTは最新作に強い動画配信サービスです。
Huluでは見放題の作品がU-NEXTではPPVだったりするので、見放題の作品で考えればHuluの方が強いです。
しかし、シリーズものの最新作でHuluでは配信されていないけどU-NEXTでは配信されているといった作品もあります。
例えば、海外ドラマのBONESはシーズン1~9はHuluで見放題だけど、U-NEXTではPPVになってる。
でもBONESのシーズン10と11はU-NEXTでしか配信されていません。
U-NEXTでは全てのシーズンがPPVで提供されているため、全部見ることを考えたらHuluで1~9を見て、U-NEXTで10、11を見るといった方法がお得になります。

dTVは日本のサービスのため海外ドラマの配信はほとんどありません。
日本の番組しか見ないという人には安くて良いサービスだと思います。

配信ジャンルで選ぶとしたらHuluとU-NEXTの両方ですかね。
価格を度外視すればU-NEXTオンリーなのですが、やはり月額933円で見放題になるHuluも捨てがたいです。
BONESを全てPPVで見るとなると、数万円かかってしまうと思います。
それを考えたらHuluで見た方がコストパフォーマンスが優れているかと。
U-NEXTは成人向けの配信も行ってるので、お世話になる人も少なくないと思います(笑)

総合的に見ておすすめの動画配信サービス

旧作と最新作の両方をできるだけ安く楽しみたいのなら、U-NEXTとHuluの両契約となります。
常に最新作のみを求めるのならU-NEXTのみで事足りますが、旧作まで考えた場合はHuluも利用した方が絶対にお得です。

Hulu 今なら2週間無料トライアル実施中
動画を見るならU-NEXT

※この記事は2016年8月30日時点の情報です。