【NEXTmobileのレビュー】月額2760円で月間20GBの通信データ容量が使えるポケットWi-Fiサービス

NEXTmoibleは株式会社グッド・ラックが運営するSoftBank回線を利用したMVNOのポケットWi-Fiサービスです。
本家のSoftBankと比べて月額料金が安く、使える月間通信データ容量がとても多いのが特徴です。

NEXTmobileは大容量で低価格

NEXTmobileのは月額2760円で月間データ量が20GBも使える、超大容量且つ低価格のポケットWi-Fiサービスです。

各社のスマートフォン向け大容量データプラン(20GB)と比べると、およそ半分の値段で20GBという大容量を使用することができます。

屋内でもつながりやすいプラチナバンド対応エリア

NEXTmobileはSoftBankと同じエリアで使用できるため、人口カバー率99%を謳っています。
また、NEXTmobileは室内でも繋がりやすいプラチナバンドにも対応しているのも特徴の1つです。

支払方法によって使用できるデータ量が変わる

NEXTmobileは月間17GB使えるポケットWi-Fiサービスと謳っていますが、これは支払方法をクレジットカードにした場合の話となります。
NEXTmobileでは支払方法としてクレジットカードと口座振替が選択できます。
クレジットカードと口座振替で使用できるデータ量は以下のようになっています。

クレジットカード 7GB+特典10GB
口座振替 7GB+特典5GB

以前はクレジットカードの場合は特典5GB、口座振替の場合は特典3GBだったのですが、気付いたら増量されてました。

料金プランの改定により支払方法でのデータ量の違いがなくなりました。

NEXTmobileと他社を比較

月額料金と1GBあたりの価格

以下の表を見てもらえればわかると思いますが、SoftBankやY!mobileと比べて、1GBあたりの価格が遥かに安いです。

  NEXTmobile SoftBank Y!mobile Yahoo!WiFi
月額使用料 2760円 3490円 3696円 3696円 2480円
月間データ量 20GB 30GB 7GB 7GB 7GB
1GBあたりの金額 138円 116円 567円 567円 354円

またNEXTmobileには1日や3日の速度制限がないため、短期間での大容量通信で速度規制される心配がありません。
Y!mobileやYahoo!WiFi等の場合、3日間に3GBのデータ量を超える通信を行うと速度制限がかかります。
短期間での通信制限がネックになっているユーザにはありがたい仕様だと思います。

最低利用期間と維持費

NEXTmobileは初回26ヶ月間、27ヶ月目が更新月となっていて、それ以降は2年毎の更新となります。
本家のSoftBankは2年、Y!mobileは3年の最低利用期間があります。
今回は本家のSoftBankとNEXTmobileを4年使用した場合の維持費を計算してみましょう。

NEXTmobileは月額2760円となっていますが、実はこれは26ヶ月目(初月を1ヶ月目とする)までの金額で、27ヶ月目以降は3695円になります。
そのためNEXTmobileで最初の更新月に解約するには2ヵ月多く利用することになります。

  最低利用期間 更新月 契約解除料
NEXTmobile 初回26ヵ月、それ以降は2年更新 満了月の翌月 初回26か月以内は29500円、28ヶ月目以降は9500円
SoftBank 2年更新 満了月の翌月と翌々月 9500円

NEXTmobileは初回26ヶ月間は2760円、それ以降は3695円なので、4年と2ヵ月の利用金額を、SoftBankは4年間の利用金額を計算してみます。

  計算式 合計データ量 維持費
NEXTmobile 2760×26 + 3965 × 24 850GB 166920円
SoftBank 3696 × 48 336GB 177408円

約4年間の維持費を計算してみると、約1万円安く利用でき、データ量は倍以上使えることになります。

NEXTmobileの速度

よくある格安SIMと同じで13Mbps~50Mbpsの速度が出ます。
日中の昼休憩時間や夕方の退勤時間に少し遅くなる傾向にありますが、充分実用レベルの速度です。

地域によってはSoftBank端末は繋がりにくいといったことがありますが、その場合は地域的にSoftBank自体が繋がりにくい場所なので、SoftBankが設備を増強するのを待ちましょう。

NEXTmobileは月ごとに使えるデータ量を使い切った場合は通信速度が128kbpsに制限されます。
追加料金による制限解除などは行っていないため、月のデータ量を使い切ってしまったら翌月までは低速通信のままとなってしまうので注意してください。

NEXTmobileのメリット

NEXTmobileのメリットは以下の3点です。

  • SoftBankと同じエリアが使用できる
  • 月に使用できるデータ量がとても多く、安い
  • 3日間の速度制限がない
  • レンタル端末のため端末購入代金が不要

やはりエリアと価格、データ容量がNEXTmobileの最大の利点ですね。

私は職場でSoftBankのPocket WiFi 303ZT(NEXTmobileで提供される端末と同等のスペック)を使用することがあったのですが、電波が非常に安定していました。
その職場はdocomoやauの電波が非常に悪く、3G通信すらまともにできない環境だったのですが、SoftBankの電波だけはしっかりと掴んでました
プラチナバンドが室内に強いというのは本当なんですね。
そのプラチナバンドがNEXTmobileでも使用できるので、室内の電波の悪さに悩まされてる人にはおすすめです。

NEXTmobileのデメリット

NEXTmobileのデメリットは以下の3点です。

  • 安さではY!mobileやYahoo!WiFi等に勝てない
  • 大容量通信ではWiMAX2+に軍配が上がる
  • 端末の返却を忘れると40000円の請求がくる

データ容量を考えず安さのみを重視した場合、Y!mobileやYahoo!WiFi、他のMVNOには敵いません。
NEXTmobileの強みはSoftBankやY!mobile、Yahoo!WiFiと比べて大容量の通信が可能という点です。
月に使用するのが5GB未満といったユーザはY!mobileやYahoo!WiFi等を選んだ方がコストパフォーマンスが良くなります。
WiMAX2+は3日間で10GBという条件はありますが、月額4380円で月間データ量上限なしで使用できます。
毎日のようにインターネットで動画を見たりする人にとっては月間データ量の上限がない方が利便性は高いと思います。
ただしWiMAX2+は屋内での通信にとても弱いので、外出中は喫茶店や会議スペースなどで作業するという人はプラチナバンドに対応しているSoftBank回線の方が適しています。

総評

NEXTmobileはとてもバランスの良いポケットWi-Fiサービスです。
各キャリアと比べてかなり安価で運用でき、月間データ量もとても多いです。
月間20GB使えて3日間のデータ使用量による通信速度制限がないというのはとてもありがたいサービスですね。
短期間での速度制限は月間データ量制限よりも把握しづらいので、ユーザ側での調整が難しいです。
動画を見ていたら急に速度が低下して使い物にならなくなったとかよく耳にしますが、そんな問題もNEXTmobileなら発生しません。

年間のコストが安くデータも大量に使えるので、もしモバイルWi-Fiルーターの導入を考えているならNEXTmoibleを検討してみるのもいいかもしれません。

※当記事内で使用している画像はサービス紹介のためNEXTmobile公式サイトから画面キャプチャを使用して引用させていただいております。

NEXTmobileと格安SIMを比較した記事はこちら↓
http://fantastic-works.com/archives/2518