ネックレスタイプでBluetooth4.2に対応したイヤホン「BTN-A2500」を買ってみた

なんとなく買ってみたネックレスタイプのBluetoothイヤホン「BTN-A2500」を使用して結構経ったので簡単にレビューしていこうと思います。

スポンサーリンク

BTN-A2500の製品仕様

メーカーの公式サイトから引用しますね。

Bluetooth Ver 4.2+EDR
プロファイル A2DP/AVRCP/HFP/HSP
ドライバーサイズ φ10mm
形式 密閉ダイナミック型
再生周波数帯域 50~20,000Hz
インピーダンス 16Ω
出力音圧レベル 108dB
通信距離 Class2 最大半径5m
最大待受時間 約72時間
最大音楽再生時間 約7時間
充電時間 約2時間
内蔵電池 リチウムイオンポリマー充電池80mAh
重量 約22.5g
入力端子 microUSB
付属イヤーキャップ XS/S/Mサイズ

付属するイヤーキャップはXS/S/Mサイズとなってますが、実際のところはS/M/Lサイズな気がします。
Lサイズのイヤーキャップでないとフィットしない私の耳にMサイズで見事にフィットしてくれているので。

BTN-A2500の特徴

BTN-A2500は3000円前後で購入できる比較的安価なBluetoothイヤホンで、値段の割に音質は良い方だと思います。
ネックレスタイプなので、U字タイプの有線イヤホンのように外してるときはそのまま首にかけることができるのがいいですね。
リモコンが胸元にあるため、操作性も良いです。

実際に使ってみて感じたこと

音質は個人的に良いと思ってます。
普段はPHILIPS SHE97XXシリーズを使ってるのですが、それに引けを取らないレベルです。

ただ、プレイヤーをズボンの後ろポケットに入れて使っていると通信品質が悪くなって音飛びが発生することが多々あります。
イヤホンのリモコン部とプレイヤーの距離はおよそ50cmくらいでしょうか。
これだとせっかくの無線イヤホンでも、端末をカバンの中などにしまったまま使用することができません。
プレイヤーとイヤホンの間に障害物がなければ5mくらい離れても問題ないのですが。
使用するプレイヤーとの相性もあるのかもしれませんが、私の手持ちのAndroid端末(HUAWEI P9/Ascend Mate7/Xperia Z1f)だと全て同じ結果でした。
使用する際は間に障害物がないようにするか、胸ポケットにプレイヤーを入れてリモコン部との距離を近くするといった考慮が必要になりそうです。

最後に

あまり書くことがなかったので、もう〆ます。
BTN-A2500は個人的にとても満足度の高いイヤホンです。
胸元でのリモコン操作は快適ですし、イヤホンを耳から外してもそのまま首にかけていられるのでY字ケーブルのイヤホンのように外した際の煩わしさもありません。
価格も3000円程度なので、安価で音がそこまで悪くないBluetoothイヤホンを探している人はBTN-A2500を検討してみてください。