auのLTEに対応したSIMフリーUSBドングル「GH-UDG-MCLTEC」を買ってみた

今までUSBドングルはHWD12を使用していましたが、au回線(非VoLTE)のSIMしか使えなかったため、モバイル環境の見直しも視野に入れてdocomoとauのLTEに対応したSIMフリーUSBドングル「GH-UDG-MCLTEC」を購入してみました。

開封の儀

とりあえず開封して中身を見てみます。

外装

中身はシンプルに本体とケーブルと取説

SIMスロット

とてもシンプル。

HWD12とGH-UDG-MCLTECを比較

  HWD12 GH-UDG-MCLTEC
対応OS Windows/Mac Windows/Mac
回線 au docomo/au
LTEバンド 11/18 1/18/19
大きさ 35×92×14mm 33×90×10mm
備考 au回線専用(SIMロック解除不可) SIMフリー

公開されてる情報の比較だと、主な違いはSIMフリーか否か程度です。
大きさがHWD12より少しだけ小さいですが、誤差の範囲内かと思います。

キャリア毎の対応バンドについては以下のページで詳しくまとめられています。

実はChrome OSでも使える

GH-UDG-MCLTECの対応OSはWindows/Macとなっていますが、実はLinuxやChrome OSでも使用できます。
HWD12も一手間加えればLinuxで使用できますが、Chrome OSでは使用できません。

mineo(Aプラン)のAPNを設定

APN設定については以下のサイトで詳しく説明されているため、省略します。

使用感など

GH-UDG-MCLTECをUSB接続してネットワーク接続が利用できる状態になるまでの時間はおよそ12秒。HWD12と比べると少し遅い気もするけど許容範囲内。
モバイルWi-Fiルーターの電源ON/OFFと比べれば充分実用的かと思います。

対応してるバンドが少ないのがちょっと気になるけど、プラチナバンド(800MHz帯)に対応してるから困ることはないはず。

これまでChromebook FlipはW03でネット接続してましたが、Chromebook FlipとW03の相性が悪くてWi-Fiに接続できないということが多々あったので、USBドングルに変えることでそのストレスから解放されてとても快適。

最後に

au回線に対応していて且つChrome OSで利用できるUSBドングルはGH-UDG-MCLTECだけです。
Chrome OSでUSBドングルを使いたくて且つmineoのAプランやUQ mobile、IIJmioのタイプAで運用したい人はGH-UDG-MCLTECを検討してみてください。

IIJmioなら10GBのプランを追加料金なしで3枚シェアSIMできるから使い方によっては快適なモバイル環境が構築できそう。

Amazonで購入>>GH-UDG-MCLTEC

楽天市場で購入>>GH-UDG-MCLTEC