レバテックフリーランスに登録してきた

フリーランスのシステムエンジニアとして活動するにあたり、コネらしいコネも特にないのでレバテックフリーランスに登録してきました。

スポンサーリンク

レバテックフリーランスって?

レバテックフリーランスというのは、レバレジーズ株式会社が運営するフリーエンジニア専門エージェントで、自分で営業しなくても自分のスキルにマッチしてそうな案件を紹介してくれる素晴らしいサービスです。

紹介してもらえる案件の多数はエンド直請け案件のため、これまで二次請け三次請け等で仕事をしていた人にとって明らかに高単価です。
レバテックフリーランスに掲載されている報酬額はレバテックから振り込まれる税込金額のため、報酬額の全額が手元に来ます。
10年以上正社員として同じところに勤めても年収400万いかなかった人でも簡単に年収アップを狙えます。

通常の人売りIT企業と比べて、案件とエンジニアのマッチング制度が高いのも特徴です。
レバテックフリーランスでは技術の話ができるコーディネーターが案件の紹介から交渉まで行ってくれるため、エンジニアと企業のミスマッチが少なくなり、互いにwin-winな関係が築けます。

レバテックフリーランスの登録手順

レバテックフリーランスの登録はWeb登録→カウンセリング→登録完了の流れになります。

Web登録

レバテックフリーランスのページを開き、無料登録をクリックします。

次に希望する契約形態を選択し、「次へ進む」をクリックします。

次に氏名とふりがな、生年月日を入力し、「次へ進む」をクリックします。

次に電話番号とメールアドレスを入力し、「次へ進む」をクリックします。

スキルシートを持っている人はアップロードし、「内容を確認する」をクリックします。
レバテックフリーランスに登録後でもスキルシートは更新できるので、持ってない人は気にせずそのまま進みましょう。

登録内容を確認して、「同意して登録する」をクリックします。

以上でWeb登録は終了です。

カウンセリング

Web登録が完了すると、レバテックエントリーチームの人から電話またはメールでカウンセリング日程について確認の連絡が来ます。
カウンセリング日程が決まったら、指定された場所(私はレバレジーズ株式会社の本社でした)に行き、カウンセリング開始です。

カウンセリングでは主に以下の内容を聞かれます。

  • フリーランスがどういうものかの理解
  • フリーランスになろうと思ったきっかけ
  • 希望する単価
  • 希望する作業時間(月間)
  • 直近の経歴
  • 参画したい案件の内容
  • その他疑問点

カウンセリング時間は1時間~1時間半くらいで終了です。

カウンセリングの他に、個人情報とか機密事項の扱いとかそういった書類にサインと捺印をします。
まぁこの辺は人売りIT企業に勤めてた人なら何度も経験してる内容ですね。

カウンセリングが終了すると、Web上で案件の検索や申込ができる専用ページのログイン情報がもらえます。
専用ページでは非公開求人の情報がたくさんあるので、公開されている求人でいいのがなかったからといってあきらめるのではなく、まずは登録して中身を確認してみるのが良いと思います。

レバテックフリーランスの良いところ

レバテックフリーランスの良いところはフリーランスエンジニアに対してのサポート体制です。
カウンセリングで実際に話をしてみて、レバテックフリーランスのコーディネーターは技術者目線で話をすることができてると感じました。
人売りIT企業の体育会系な営業と違い、確実に自分のスキルにあった案件を提案してくれるのでとてもありがたいです。

フリーランスで活動するにあたり、報酬を受け取る際に請求書が必要となります。
完全に個人で活動しているならMisoca(みそか)のようなWebサービスを使うのが手っ取り早いですが、レバテックフリーランスなら専用ページで請求情報の入力が可能です。
案件の提案と商談をしてくれるだけでなく、Webページから請求できるのは右も左もわからない駆け出しフリーランスにとってものすごく助かります。

レバテックフリーランスの残念なところ

レバテックフリーランスに掲載されている案件は基本的に常駐案件で、作業場所はレバテックフリーランスの拠点がある東京・大阪付近がほとんどとなります。
これって地方住まいのエンジニアは利用することができないってことですよね。
地方住まいでも参画できる案件があればいいのに…。

人によっては常駐ではなくリモートで作業したい!というかもしれません。
リモート絶対主義のエンジニアにはレバテックフリーランスではなくCODEALをおすすめします。

まとめ

レバテックフリーランスなら専門のコーディネーターがいろいろとやってくれるので、フリーランスのエンジニアとして活動するためのハードルがかなり低くなります。
常駐案件に抵抗がないようなら、とりあえず使ってみようみたいな感じで登録してみるのもありだと思います。

公式サイトはこちら>>レバテックフリーランス