Microsoft Arc Touch Bluetooth Mouseを買ってみた

ノートパソコンのお供に「Microsoft Arc Touch Bluetooth Mouse」を買ってみました。
まぁ、持ち運び用のマウスとして「Microsoft Designer Bluetooth Mouse」を持ってたのですが、薄い方が持ち運びにはいいかなぁと。

スポンサーリンク

開封の儀

開封の儀といっても中身はマウスと電池と簡単な取説くらいしかないです。

外観をDesigner Bluetooth Mouseと比較

平らの状態

折り曲げた状態

写真の撮り方が雑なのはご愛敬。

Arc Touch Bluetooth Mouseは流石の薄さといった感じですね。
Designer Bluetooth Mouseと違ってまっ平らなのでカバンに入れてもそこまで嵩張らないです。

使用感

折り曲げた状態だとDesigner Bluetooth Mouseよりも湾曲してるため、結構手にフィットします。
スクロール操作はタッチセンサーに慣れるまでは少し変な感じ。
ホイールクリックはタッチセンサーの真ん中を二回タップとなっていて地味に慣れない。

タッチセンサーの「カカカカッ」っていう微妙な音はWindowsのストアから専用アプリをダウンロードして設定を変更すれば消せます。
一度設定すればマウスにその情報が保存されるっぽく、別のパソコンとペアリングしても反映されたままでした。

あとChromebookとLinux Mintでもタッチセンサーでのスクロールや2回タップでのホイールクリック動作ができました。
「カカカカッ」っていう音もWindwos10の専用アプリで消しておけば反映されたままです。

不満点

Designer Bluetooth Mouseと比べるとBluetoothの感度がとても悪い気がします。
Bluetoothレシーバーから20cmくらい離すと動作が鈍くなりました。
あとパソコンとスマートフォン(SIMなし機内モード)を接続したUSBケーブルがレシーバーとマウスの間にあると動作しないという謎現象。
Wi-Fiの干渉してどうこうって話ならまだ理解できるけど、USBケーブルですよ?

総評的ななにか

モバイル性は良いけど、使いやすさ的には中の下くらい。
使いやすさだったらDesigner Bluetooth Mouseの方が上ですね。
私の手はバスケットボールを片手で掴めるほどの大きさですが、それでもDesigner Bluetooth Mouseの方が使いやすく感じましたね。
多分これまで通りDesigner Bluetooth Mouseを持ち歩くことの方が多そう…。