Linux MintのISOファイルからインストール用USBメモリを作成する方法

Windows10にしたら勝手にスリープするようになったHP ElitBook 2540pで何かできないかと思い、ノリと勢いでLinux Mintを入れてみることにしました。
ただ私が使用している2540pはDVDドライブがついていないため、OSをインストールするには別途ドライブを用意する必要があります。
それだとつまらないので、せっかくだからUSBメモリをインストールメディアにしてみようと思います。

スポンサーリンク

用意するもの

  • 4GB以上のUSBメモリ
  • Linux MintのインストールメディアのISOファイル
  • USBフラッシュメモリをインストールメディアに変換するツール
  • ほんの少しのやる気

USBメモリは最低でも4GB以上のものを用意します。(容量が少ないとISOファイルが展開できないです)
今回私が使用したのは以下のUSBフラッシュメモリです。


USBメモリって安くなりましたね。
16MBで3000円くらいした時代が懐かしい…(笑)

Linux MintのISOファイルは公式サイトからダウンロードできます。
今回私が使用したのはLinux Mint 18 Cinnamon 64bitです。

USBメモリをインストールメディアに変換するツールはLinuxLive USB Creatorを使用しました。

必要なものをそろえたら、あとはやる気を出して作業するだけです。

Linux MintのUSBインストールメディアを作成

USBメモリをPCに挿し、LinuxLive USB Creatorを起動します。
20161003_linux-mint_usb_01

STEP1でインストールメディアにしたいUSBメモリを指定します。

STEP2でIMG/ISO/ZIPを選択し、ダウンロードしてきたISOファイルを指定します。
※対応リストにないLinuxと言われてもそのまま進みます。

STEP3、STEP4は何もせず、STEP5で雷アイコンを押下してあとは待つだけです。

出来上がったインストールメディアを使用して2540pにLinux Mintを入れてみたのですが、恐ろしいほど快適です。
パソコンに対する負荷がWindowsよりも低いのか、CPUファンの熱気がかなり落ち着いた感じがします。
動作も非常に軽快で特に不自由がありません。
auのHWD12で普通に通信もできたので、外出先での使用もネットワーク環境も気にする必要がなさそうです。
Google Chromeもインストールできたし、個人的には満足です。

一昔前のノートパソコンを不死鳥のように甦らせたいならLinux Mintっていう選択もありだと思います。